• Tommy Nagayama

ディズニーとM&A

2005年から2020年まで15年間ウォルト・ディズニー・カンパニーのCEOをつとめたボブ・アイガー氏の自伝「ディズニーCEOが実践する10の原則」を読んだ。タイトルを見ると彼が実践してきたリーダーシップ論のようで、最初はあまり期待はしていなかったのだが、非エリートの彼が、誠実さを信条として幾多の危機を乗り越える様子は、非常にスリリングでまるで映画を観ているような面白さだ。


テレビ局(ABC)の一社員から社長になり、そのテレビ局がディズニーに買収され、さらにそこから10年かけてディズニーのCEOに昇りつめるという波乱万丈の人生。そこに至るまでの彼が実践してきた大原則は誠実であること。自分の失敗を素直に認める姿勢、謙虚に人の意見を聞き、交渉相手にも誠実に向き合う。自分が今まで描いていたアメリカ人経営者とは正反対のイメージなのが意外であった。


そして彼のディズニーCEOとしての最大の功績は、M&Aによるディズニーの戦略転換と成長戦略である。前任者の時代に低迷した映画やメディア事業を、コンテンツの拡大、テクノロジーの導入、そしてグローバル化の3つの視点から取り組んだ。ピクサーの買収(テクノロジー)、マーベルの買収(コンテンツ)、FOXの買収(グローバル)などの戦略的買収で今のディズニーを築き上げた。


M&Aのディールについてかなり詳しく書かれているが、彼は、M&Aの際に、企業文化への配慮や人材の維持というヒトの面を最大の成功要因として、非常に丁寧に取り組んでいる。ピクサーの買収では、いままでディズニーと喧嘩をしていたスティーブ・ジョッブスとの信頼関係を取り戻し、そしてピクサーの幹部をディズニーの映画部門のトップに迎えるなど、ヒトの面への最大限の配慮をしながら、買収を成功に導いた。


マーベルの買収も同様である。売却に難色を示していた株主に対し、今や親友となったスティーブ・ジョッブスが説得工作に協力してくれる。FOX買収におけるオーナー マードック氏との関係構築もM&A成功への重要な要素であった。


殆どの買収の失敗は、買収前の細かい事業精査や契約書に起因するケースよりも、買収後の失敗、特に人心の離反に起因するケースが多い。買収時には、皆、買収価格や契約書の一言一句に拘り、あたかもそれがM&Aの成否の最大要因であるように取り組んでいる。ある意味当然のことであり、企業買収の様々なリスクを回避するための慎重さは必要不可欠である。


しかし、一方で、企業文化、人材に充分配慮し、M&A実行後の経営をどのように進めるかといった視点が欠けているケースが実際は多く見受けられるものだ。そういった意味でも、アイガー氏の自伝は多くの示唆を与えてくれる。





4回の閲覧

Mobile: 090-4956-1653

Int'l:    +81-90-4956-1653

Office: Ota City, Tokyo

Linked In